• SITE NAME

バタバタ茶

白馬岳、朝日岳。北アルプスの峰々を望む、富山県朝日町に古くから飲み継がれてきた、爽やかなお茶があります。




<バタバタ茶の由来>

室町時代に(1427年頃)、真宗本源寺第八世蓮如上人が、越中布教の節、朝日町蛭谷で既に飲まれていた黒茶を、供茶・酒飯茶に利用したと推定されています。


  

<バタバタ茶の飲み方>

●茶筅で泡だてて・・・
 ヤカン茶釜などで煮だした黒茶の汁を、五郎八茶碗に入れ、二本合せのバタバタ茶筅を振りたて泡立てて飲む。
●泡だてないで散茶で・・・
 番茶風に煮出した黒茶の汁を、湯飲み茶碗に入れて飲む。
 夏には冷やして飲むと風味がある。