トップページ > サイバーセキュリティの置き薬
■ サイバーセキュリティの置き薬
2022年12月12日更新
手口の多様化や高度化が進むサイバー犯罪の被害を未然に防ぐため、
県警と連携し情報を発信していきます。
富山県警察本部サイバー犯罪対策課からのお知らせです。 
 
 全国では、ランサムウェアと呼ばれる不正プログラムの感染被害が相次いでいま
す。
 ランサムウェアに感染すると、端末等に保存されているデータが暗号化され使用で
きない状態になり、そのデータを復号する対価として金銭を要求されるものです。
 こうしたサイバー攻撃は、容易に県境・国境を越えて実行されるため、地域、企
業・団体の規模を問わず攻撃の対象となり得ます。
 そこで今回、ランサムウェアの危険性やその対策等について、分かりやすく解説し
た動画を作成しました。
 YouTubeの富山県警察公式チャンネルで視聴することができます。
 下記URLからご覧ください。↓(通信費はご利用者の負担となります)
 https://www.youtube.com/watch?v=mUPLF970JlE

 (ランサムウェア感染被害に遭わないために)
  ○ ウイルス対策ソフトを導入する
  〇 OSやソフトウェアを常に最新の状態に更新する
  ○ メールの添付ファイル、本文のURLリンクを不用意にクリックしない
  ○ 重要なデータは定期的にバックアップする
 YouTubeの富山県警察公式チャンネルで視聴することができます。  
 
下記、添付pdfファイルをご参考にしてください。



参考リンク
警察本部 生活安全部 サイバー犯罪対策課
関連ファイル



サイバーセキュリティの置き薬2022_14号(不正送金被害が急増中)
(476.62 KB)
サイバーセキュリティの置き薬2022_16号
(443.01 KB)
サイバーセキュリティの置き薬2022_17号
(376.99 KB)