トップページ > 【町】新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について(飲食店への時短要請に伴う事業者支援)
■ 【町】新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について(飲食店への時短要請に伴う事業者支援)
2021年2月19日更新

 朝日町では、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、県から1月18日~31日の期間における営業時間の短縮(または休業)の協力要請がなされたことに伴い、朝日町においても当該時短要請に応じた事業者の負担の軽減、併せて、これまでのコロナ渦により直接的に影響を受けている飲食店の支援を目的に、町独自の協力金を支給します。

 

<協力金支給の対象となる事業者>

 

 飲食店営業(食品衛生法)の許可を受けている酒類を提供する店舗で、通常時は午後9時以降も営業しており、下記のいずれかに該当する事業者。

 

1.富山県の第2次協力金の支給を受けた事業者

2.1以外の対象店舗に該当する事業者

 ※ただし、感染対策をとっていない等条件の不備の理由によって県の協力金が支給されなかった店舗は除く

 

 

<支給額>

1店舗につき一律280,000円

 

 

※協力金の詳細、申請については、リンク先の朝日町商工観光課のHPでご確認ください。