トップページ > 「食事提供施設」新型コロナウイルス感染防止緊急対策事業費助成金について
■ 「食事提供施設」新型コロナウイルス感染防止緊急対策事業費助成金について
2020年5月14日更新

 県内の中小企業、個人事業主等が経営する県内の食事提供施設において、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策として取り組む設備の整備等に要する経費が支援されます。

 

・助成対象者

食事提供施設を営む県内の中小企業、個人事業主等

・助成対象設備

飛沫感染防止アクリル板、透明ビニールカーテン、非接触型自動水栓(蛇口)、換気扇、空気清浄機、トイレ内の人感センサー付き照明器具、店内の換気に必要な網戸、自動消毒液噴霧器(ノータッチ式ディスペンサー)、非接触体温計

・助成対象となる整備期間

原則、令和2年5月7日(木)~6月15日(月)までの間に整備される設備が対象です。
  
ただし、令和2年4月1日(水)~5月6日(水)までに整備された設備(この間に整備されたことが分かる書類を提出する必要があります。)も対象とします。

・ 助成額

定額10万円
(ただし、1事業者当たり、事業費12万5千円(消費税及び地方消費税の額を含む)以上のものに限る。)

・ 申請受付期間

令和2年5月25日(月)~6月30日(火)当日消印有効

 

※詳細は、下記URLでご確認ください。