赤かぶら

【商品名】
赤かぶら
【原材料】
赤かぶ(五箇山産)、塩、砂糖、食酢、みりん、調味料(アミノ酸など)
*原材料の一部に小麦を含む
【内容量】
大:350g 小:200g
【消費期限】
約3ヶ月
【保存方法】
直射日光を避けて保存
ビタミン豊富

赤かぶは、大根などに比べて、ビタミンCやビタミンB1、B2、βカロテンをはじめ、 カルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分、食物繊維なの栄養成分が多く、 独特の辛味とグルタミン酸を多く含む野菜です。この赤かぶを甘酢に漬け込んだのが赤かぶ漬です。 適度な塩味に甘酸っぱさがほどよく、ご飯のお供にお酒のおつまみにもってこいです。 また、平成23年1月に県ふるさと認証食品にも認定されました。

昔ながらの保存食

冬に地場産の生鮮野菜が少なくなることから、秋に収穫して保存できる野菜が多く栽培されています。 赤かぶは、10~11月に収穫されて、根部は塩漬け、葉は干して保存されます。 赤かぶ漬けは、塩漬け後脱塩し、甘酢に漬け込んで作られます。 これは、塩蔵期間の長短により味わいが異なることから、1年を通して飽きずに食べることができます。 五箇山の寒冷な気候風土と豊かな自然に育まれた赤かぶ。五箇山伝統の冬越しの保存食です。 鮮やかな色と飽きのこない味わいは、年代を問わず、多くの人に好まれています。

高原野菜を幅広く

昭和56年、農村地域農業構造改善事業として、古くからこの地方で作られてきた高原野菜の赤かぶらを、 観光土産の目玉商品にしました。  寒冷な気候風土を最大限に生かし、美味しい製品を作るため、製造加工販売は山菜加工場に一括して行い、 主に地元の観光地、宿泊施設、道の駅をはじめ、高速サービスエリアなど、 また全国の宅配と幅広く販売しております。


酢漬けというと、酸っぱいイメージがありますが、適度な塩味・甘みがあります

【製造者】
なんと農協上平山菜加工場
【住所】
富山県南砺市下島789
【TEL】
0763-67-3443
【紹介】
五箇山の寒冷な気候風土と豊かな自然にはぐくまれた商品をお届けいたします。



製造・取扱店情報

店舗名なんと農協上平山菜加工場
住所〒939-1978 富山県南砺市下島789[ 地図 ]
TEL0763-67-3443
営業時間8:30~17:00
定休日毎週土・日曜日、祝祭日
HPhttp://www.ja-nanto.jp/
スタッフより 美味しい製品を作るため、加工販売は山菜加工場に一括して行い、主に地元の観光地、宿泊施設、 道の駅をはじめ、高速サービスエリアなど、また全国の宅配と幅広く販売しております。

赤かぶら 販売取扱店

ヨッテカーレ城端 ヨッテカーレ城端
富山県南砺市立野ヶ原東1508
菅沼合掌集落 土産店
富山県南砺市菅沼
相倉合掌集落 土産店
富山県南砺市相倉
道の駅平 和紙の郷
富山県南砺市下梨2193

トップページ >> 農水産加工品 >> 漬物・かぶら寿し >> 赤かぶら
サイトメニュー
トップページ
お問い合わせ
南砺のいいモノ
民芸品
 └民芸品
南砺のうまいモノ
和菓子・スイーツ
 └米菓
 └和菓子
 └洋菓子
農産・水産加工品
 └漬物・かぶら寿し
 └調味料
 └食品
 └
お土産事業所リンク
シバタシシュウ工芸
木雕り西村
ZUISENSE
じょうはな織館
松井機業場
こきりこ民芸
丸米製菓
御菓蔵
日の出屋製菓
森まつ菓子舗
河内屋菓子舗
武田甘泉堂
よしむら
まちづくり井波
田村萬盛堂
御菓子処 井波屋
江端商店
 
ヨネダ
三和食品
丸東食品
なんと農業協同組合
佐波かばやき店
花島精肉本店
なかしま
となみ野自然食品組合
城端醤油
喜平食品
ねこのくら工房
五箇山旬菜工房いわな
富山県西部森林組合 利賀支所
石黒種麹店
成政酒造
若駒酒造場
城端麦酒
 
富山県南砺市とは?
南砺市
南砺市商工会
南砺市のがんばる企業
南砺市企業ガイド
南砺市観光協会
南砺市宿ナビ
なんと-e.com
ふるさとミュージアム