トップページ >> 農水産加工品 >> 漬物・かぶら寿し >> 丸東食品の武者かぶら寿し

豊潤な味わい 武者かぶら寿し

【商品名】
かぶら寿し 6.5寸樽
【販売時期】
6~7月除く
【原材料】
かぶら(国産)、さば(国産)、人参、甘酒、食塩、醸造酢、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(V.C)
【内容量】
650g 直径およそ20cm
【賞味期限】
製造日より6日
【保存方法】
要冷蔵(0℃~10℃)
初めての方にも食べやすく

豊かな米は砺波野の恵み、深いコクは海からの贈り物。 山と海の幸を重ね、上品に薫る糀の風味は古来より引き継がれ今に生きてきています。 漬込みのかぶら寿しの素を発酵させすぎないことで、特有の発酵臭をおさえ、 初めてお召し上がりになる方にも食べやすく改良されています。

となみ野のかぶら寿し

加賀百万石時代、ぶりは極めて贅沢な高級魚で、 庶民は生活の知恵でかぶらの間に「隠して」食べていたと言い伝えられています。 加賀藩の支配下にあった砺波野の南西部でもかぶら寿しの製法が代々伝えられております。 加賀が「ぶり」を好むのに対して、砺波地方では「さば」がより好まれ、広く一般家庭に親しまれております。

お勧めの食べ方・使い方

南砺市福野地域の夜高まつりの武者絵をパッケージに採用しており、 ご贈答用としてもお買い求めいただけます。 お勧めの食べ方は、もちろん素材の味をそのままに食べていただく事をお勧めしますが、 お好みでお醤油を垂らしても美味しくいただけます。


サバ入りかぶら寿しは、富山ならではのかぶら寿しです。

【製造者】
丸東食品株式会社
【創業】
昭和22年
【住所】
富山県南砺市上野152
【TEL】
0763-22-2214
【紹介】
戦後まもなく県内青果物生産の中心地であった福野で、青果物○○のために設立され、 その後、地域の漬物屋として浅漬や、この地域ではイチ早くからぶ寿しの製造に取り組んでまいりました。



製造・取扱店情報

店舗名丸東食品株式会社
住所〒939-1512 富山県南砺市上野152[ 地図 ]
TEL0763-22-2214
営業時間8:00-17:00
定休日毎週水曜日・日曜日
HPhttp://www.marutou-kk.jp/
備考商品をお求めの場合は、下記の販売取扱店にてお買い求めください。

丸東食品の武者かぶら寿し 販売取扱店

ショッピングセンター アスモ アスモ
富山県南砺市山見1739-2
アミュー アミュー
富山県南砺市寺家新屋敷366

トップページ >> 農水産加工品 >> 漬物・かぶら寿し >> 丸東食品の武者かぶら寿し
サイトメニュー
トップページ
お問い合わせ
南砺のいいモノ
民芸品
 └民芸品
南砺のうまいモノ
和菓子・スイーツ
 └米菓
 └和菓子
 └洋菓子
農産・水産加工品
 └漬物・かぶら寿し
 └調味料
 └食品
 └
お土産事業所リンク
シバタシシュウ工芸
木雕り西村
ZUISENSE
じょうはな織館
松井機業場
こきりこ民芸
丸米製菓
御菓蔵
日の出屋製菓
森まつ菓子舗
河内屋菓子舗
武田甘泉堂
よしむら
まちづくり井波
田村萬盛堂
御菓子処 井波屋
江端商店
 
ヨネダ
三和食品
丸東食品
なんと農業協同組合
佐波かばやき店
花島精肉本店
なかしま
となみ野自然食品組合
城端醤油
喜平食品
ねこのくら工房
五箇山旬菜工房いわな
富山県西部森林組合 利賀支所
石黒種麹店
成政酒造
若駒酒造場
城端麦酒
 
富山県南砺市とは?
南砺市
南砺市商工会
南砺市のがんばる企業
南砺市企業ガイド
南砺市観光協会
南砺市宿ナビ
なんと-e.com
ふるさとミュージアム