トップページ >> 農水産加工品 >> 漬物・かぶら寿し >> ヨネダのかぶら寿し 福丸

福光の冬の限定の味わい ヨネダのかぶら寿し 福丸

【商品名】
かぶら寿し 福丸
【販売時期】
冬季限定(11月~1月)
【原材料】
かぶら(富山県産)、ぶり(国産)、米、麹、食塩、人参(国産)、味醂
【内容量】
500g
210mm × 205mm × 70mm
【消費期限】
冷蔵10日
【保存方法】
要冷蔵(10℃以下)
自信を持ってお勧めするヨネダの味

かぶら寿しは郷土料理として知られていますが、デリケートな発酵食品であるため、店ごとに味の違いがあります。 当店ではお子様からご年配の方にまで好まれる味、安定した味でのお届けを目指しております。 素材の原料の殆どは南砺市内の生産です。地形を有利に生かした、かぶの品種にこだわっています。

かぶら寿しは、旧加賀藩地内に伝わる漬物(なれずし)です。 郷土料理として知られていますが、デリケートな発酵食品ですので、 一般家庭で本当に美味しく安定した味を出すのは難しい食品です。 また、讃岐うどんの例のように、店ごとの味があり、画一性のない商品でもあります。 当店では、原料にこだわり、 かぶは南砺市内の契約農家で栽培されたもの、鰤は市場から直接買い付けし、新鮮な状態で調理します。 糀甘酒麹は独自の配合により、市内の種麹屋で富山県産100%のコシヒカリで作られた麹を使用しております。 吟味した素材を調理し、数週間かけて管理し、北陸のご馳走に仕上げています。

素材の厳選、特に"かぶ"にこだわる

素材の原料の大部分は南砺市で生産されたものを用いており、かぶの品種には特にこだわっています。 かぶら寿し用のかぶの栽培には、朝晩の寒暖の差が激しく、水はけのよい土壌の南砺市が大変適しているためです。 また、商品パッケージについては、世界遺産・五箇山の合掌造りをモチーフにし、 山里の温かみと南砺の郷愁を届けています。 「福丸」の呼称は、当店の多種多様なかぶら寿しを細分化するためにあたり、 土地名の福光・幸せなイメージにつながる「福」に輪切りのかぶら寿しの形状の「丸」をあわせたものです。 (因みに小さく切った形状のものは「こきりこ」の呼称をとっています。)


冷蔵庫で冷やすといっそう美味しくいただけます。

【製造者】
ヨネダ
【創業】
昭和47年
【住所】
富山県南砺市荒木887-1
【TEL】
0763-52-8123
【紹介】
当店では、安定した高品質の供給につとめます。



製造・取扱店情報

店舗名ヨネダ
住所〒939-1732 富山県南砺市荒木887-1[ 地図 ]
TEL0763-52-8123
営業時間9:00~17:00 冬季:10:00~18:00
定休日土日・祝日、冬季(11月~1月)は無休
HPhttp://www.kabu-yoneda.co.jp/
スタッフより 当店では11月~1月にかけていろいろなバリエーションのかぶら寿しを創っています。 味と値段と季節でお選びください。

トップページ >> 農水産加工品 >> 漬物・かぶら寿し >> ヨネダのかぶら寿し 福丸
サイトメニュー
トップページ
お問い合わせ
南砺のいいモノ
民芸品
 └民芸品
南砺のうまいモノ
和菓子・スイーツ
 └米菓
 └和菓子
 └洋菓子
農産・水産加工品
 └漬物・かぶら寿し
 └調味料
 └食品
 └
お土産事業所リンク
シバタシシュウ工芸
木雕り西村
ZUISENSE
じょうはな織館
松井機業場
こきりこ民芸
丸米製菓
御菓蔵
日の出屋製菓
森まつ菓子舗
河内屋菓子舗
武田甘泉堂
よしむら
まちづくり井波
田村萬盛堂
御菓子処 井波屋
江端商店
 
ヨネダ
三和食品
丸東食品
なんと農業協同組合
佐波かばやき店
花島精肉本店
なかしま
となみ野自然食品組合
城端醤油
喜平食品
ねこのくら工房
五箇山旬菜工房いわな
富山県西部森林組合 利賀支所
石黒種麹店
成政酒造
若駒酒造場
城端麦酒
 
富山県南砺市とは?
南砺市
南砺市商工会
南砺市のがんばる企業
南砺市企業ガイド
南砺市観光協会
南砺市宿ナビ
なんと-e.com
ふるさとミュージアム