観光・体験メニュー

世界遺産の伝統とくらしにふれる

五箇山には、くらしそのものが世界遺産ともいえる貴重な昔の日本の姿が残っています。
いにしえより受け継がれてきた伝統や文化は、背景に特有な歴史の流れを感じさせてくれるものばかり。
五箇山を歩いて、そこに住む人たちのくらしにふれながら、他では楽しめない旅を満喫しませんか?

かくれ里で体験

道の駅たいら 五箇山和紙の里

五箇山和紙の里 和紙でハガキやしおりなどがつくれる和紙体験館や和紙の歴史を紹介する和紙工芸館がある道の駅。和紙グッズも豊富に用意されており、新商品がたびたびお目見えするので、見るだけでも楽しい。

[問]0763・66・2223 [所]南砺市東中江215 [営]9時〜17時 [休]無休 [料]体験料300円〜1,200円 [交]五箇山ICより車で20分 [P]無料

五箇山和紙

五箇山和紙 「越中和紙」の名で国の伝統的工芸品に指定されている五箇山の和紙。紙塑(しそ)人形に絵付けをして、記念の品をつくってみては?干支人形は縁起物ともいわれている。

[問]0763・66・2016 [所]南砺市下梨148 [営]8時15分〜17時 [休]5月〜11月は火曜、12月〜4月は日曜・祝日 [料]見学無料、紙漉き1枚500円、干支人形絵付け700円など [交]五箇山ICより車で15分 [P]無料

こきりこの里(上梨)

こきりこの里上梨は「こきりの里」とも呼ばれる民謡の里。また観光案内所やその他の観光施設も集まっている。重文・村上家では、館主が語り部として上梨や五箇山の歴史を話してくれる他、こきりこ唄なども聴かせてもらえる。

[問]0763・66・2468(五箇山総合案内所) [所]南砺市上梨 [交]五箇山ICより車で10分

麦屋節の里(下梨)

麦屋節の里 古代ロマンを感じさせる麦屋節の歌と踊りが9月23日・24日に地主神社境内でおこなわれる五箇山麦屋まつりで見られる。また、4月中旬〜11月上旬の毎週日曜にもポケットパーク五箇山麦屋節の里でも麦屋節を披露。

[問]0763・66・2580(麦屋節の里づくり協議会) [所]南砺市下梨 [交]五箇山ICより車で13分

どんぐりの館(タカンボースキー場内)

どんぐりの館 重石をのせて水分を絞り、縄で縛っても崩れないほどの堅さにする五箇山豆腐。大豆の風味が強い昔ながらの豆腐づくりを体験。所要時間は約2時間。要予約一週間前までに。

[問]0763・67・3120(上平観光開発(株)桂湖ビジターセンター) [所]南砺市西赤尾町1767番地 [営]8時〜17時 [休]無休 [料]1,500(6名以上) [交]五箇山ICより車で5分 [P]無料

喜茶 和(きっさ わ) ででれこでん

喜茶 和(きっさ わ) ででれこでん 五箇山総合案内所隣のカフェ。コーヒーや紅茶はもちろん、五箇山豆腐の豆乳を使った自家製スイーツも味わえる。ささら編み体験やこきりこ衣装の試着なども可能(要予約)。

[問]0763・66・2312(こきりこ民芸) [所]南砺市上梨754 [営]9時〜16時 [休]不定休 [料]コーヒー400円、スイーツ400円〜など [交]五箇山ICより車で10分 [P]無料

かくれ里を見学

国指定重要文化財 岩瀬家

国指定重要文化財 岩瀬家 かつては加賀藩に塩硝を上納する役宅だったという岩瀬家は、5階建ての合掌造りで国内最大規模。約300年前に8年かけて建てられたといわれており、建物内は見学も可能。江戸時代毎年見回りに来た役人の宿泊所となっていた1階の座敷(書院造り)や3階〜5階の養蚕の作業所などを見て回りたい。

[問]0763・67・3338 [所]南砺市西赤尾町857-1 [営]8時〜17時 [休]無休 [料]入場料300円 [交]五箇山ICより車で3分 [P]無料

国指定重要文化財 村上家

国指定重要文化財 村上家 築400年と伝わる合掌造りの家屋を見学できる。2・3階には養蚕具など生活資料の展示もあり、囲炉裏端ではご主人が五箇山の暮らしや合掌造りの解説をしてくれる。

[問]0763・66・2711 [所]南砺市上梨725 [営]8時30分〜17時(12月〜3月は9時〜16時) [休]水曜(祝日は営業) [料]大人300円、小中学生150円 [交]五箇山ICより車で10分 [P]無料

かくれ里でくつろぐ

くろば温泉

くろば温泉 四季折々の絶景が楽しめる日帰り温泉施設。露天風呂や片面ガラス張りの内湯から庄川峡のダム湖を望め、開放感たっぷり。館内の2階にはレストランもあり、展望テラスで郷土料理を味わうこともできる。

[問]0763・67・3741 [所]南砺市細島1098 [営]10時〜21時 [休]火曜(祝日の場合は翌日) [料]大人(高校生以上)600円、子供300円 [交]五箇山ICより車で5分 [P]無料

五箇山温泉 五箇山荘(ごかさんそう)

五箇山温泉 五箇山荘 毎週木曜日の20時から約30分はロビーでこきりこのささら踊りを観たり、ささらを鳴らす体験を無料ですることができる。21時までは館内で日帰り温泉も可能。

[問]0763・66・2316 [所]南砺市田向333-1 [料]大人(中学生以上)500円、小中学生300円、幼児100円 [交]五箇山ICより車で10分 [P]無料

かくれ里を味わう

お食事処 坂出(さかで)

お食事処 坂出 昭和29年創業の老舗で、現在は3代目の若き当主が五箇山名物の味を守り続けている。そばやうどん、丼物、定食などメニューは豊富。また料金がリーズナブルで、気軽に郷土料理が楽しめるのがうれしい。

[問]0763・66・2580 [所]南砺市下梨2180-1 [営]11時〜15時/17時〜21時 [休]第二木曜 [料]五箇山豆腐定食1800円、山菜そば750円、くま肉うどん950円など [交]五箇山ICより車で13分 [P]無料

豆腐・手打ちそば拾遍舎(じゅっぺんしゃ)

豆腐・手打ちそば拾遍舎 玄そばを毎朝石臼で挽いて打っているこだわりそばと、天然水や地元産大豆でつくった五箇山豆腐が味わえる店。豆腐の刺身、田楽、揚げ出し、豆腐ステーキ、ざるそばが付く豆腐コースは2500円。

[問]0763・66・2744 [所]南砺市上梨747 [営]11時〜16時 [休]水曜(祝日の場合は翌日) ※冬季は不定休 [料]合い盛膳1300円(数限定)など [交]五箇山ICより車で10分 [P]無料

五箇山旬菜工房いわな(道の駅上平)

五箇山旬菜工房いわな(道の駅上平) 全国でも珍しい、岩魚のにぎりが味わえる店。五箇山の冷たい清流で養殖された岩魚を、注文を受けてからさばくという鮮度にこだわりを持つ。川魚独特の臭みがない岩魚を口にすれば、五箇山の水の清らかさを実感できるはずだ。他に蕎麦や郷土料理などのメニューも有。

[問]0763・67・3267 [所]南砺市西赤尾町(ささら館内) [営]11時〜20時 [休]火曜(祝日は営業) [料]岩魚にぎり付山菜そば定食1500円、栃もち入りそば800円、岩魚のカルパッチョ900円など [交]五箇山ICより車で3分

合掌造りの食処 吾郎平(ごろべい)

合掌造りの食処 吾郎平 世界遺産菅沼合掌造り集落の中にある合掌造りの食処。岩魚、五箇山豆腐、山菜がいろいろな料理で味わえる。岩魚の産卵期(10月下旬〜11月上旬)には黄金のいくらが料理に加わるのが珍しい。

[問]0763・67・3502 [所]南砺市菅沼906 [営]10時〜17時 [休]不定休 [料]吾郎平御膳2,100円、五箇山豆腐朴葉みそ焼き800円 [交]五箇山ICより車で1分 [P]菅沼展望駐車場 普通車500円

喜平商店

喜平商店 縄でしばっても形が崩れない堅さが特長の五箇山豆腐。ここでは五箇山の澄んだ水と富山産大豆を使用し、昔ながらの五箇山豆腐をつくり続けている。豆乳アイスクリームも好評。

[問]0763・66・2234 [所]南砺市上梨608 [営]7時〜20時 [休]不定休 [料]五箇山豆腐1丁400円、厚揚げ1枚150円、豆乳アイスクリーム320円など [交]五箇山ICより車で10分 [P]無料

羽馬製菓

羽場製菓 昔ながらの手づくりのお菓子が購入できる。栃の実は秋に山をまわって収穫。全面に陽があたるようマメに転がして天日干ししたり、堅い皮を剥いたりと、とちもちづくりには手間ひまがかかっている。

[問]0763・66・2536 [所]南砺市下梨2096 [営]7時30分〜19時 [休]不定休 [料]とちもちアン入り6個650円など [交]五箇山ICより車で13分 [P]無料

おみやげ 珍品堂(道の駅上平)

珍品堂 赤かぶらや五箇山豆腐、地酒、豆腐の燻製・いぶりとっぺなど、五箇山の特産品が店内にズラリ。五箇山だんごや五箇山とうふ田楽などはホカホカを食べることも。人気のお土産は、こきりこで使われている楽器・ささら。試しに鳴らしてみることもできる。

[問]0763・67・3750 [所]南砺市西赤尾町(道の駅上平) [営]9時〜17時 [休]不定休 [料]豆乳ソフトクリーム350円、ささら(中サイズ)1890円、五箇山だんご(テイクアウト)1本300円、赤かぶら漬420円(小)など

  • 五箇山周遊マップ
  • bnr
  • 「とっぺちゃん」が五箇山をナビゲート!
Facebook