トップ > 概要


  製作行程

原木を仕入れて乾燥させ、白木地に仕上げるまでに約1年。ものによってはそれ以上の歳月を要する。木という素材の持ち味を、十分に生かすためである。このように手間ひまかけて作られる。
庄川挽物木地は、未だに昔ながらのやり方で人の手によって作られている。

横ロクロを使い、横木板を材料にして、挽き物をするのが特徴である。
横ロクロは、木地を挽く職人の右方向にロクロを取り付け、回転軸と平行して座って挽く方法である。横ロクロを挽く職人は、ロクロを据え付けた同じ高さの床にじかにあぐらをかき、ひざで鉋枕(かんなまくら)の足をおさえ切削刃物を両手に鉋枕を支店に操作して作業をする。ロクロの回転数は、毎分600〜3000回。他産地の2倍〜3倍の速度で削る。
挽き方は、右手に鉋の柄尻を握り、手ぶれしないように、手のひらを上に向け、右肘を右脇にしっかり固定する。左手は、鉋を行下、前後、左右自由自在に動かしやすいように軽く握る。鉋と挽く物との角度はほぼ20度で挽くが、曲面に合わせて、指の位置、手首、肘の方向を変えながら、状態を左右に屈伸させて挽きあげる。



原木の状態を外面から判断して、製品の種類、寸法にあったものを選定する。


原木を使用寸法の厚さに板びきする。製材所に委託することが多い。
 


製材した板材を6ケ月から1年板づみにして自然乾燥する。


描かれた円よりやや大きめに外側を丸のこ機で引落す。


木取りしたものを大まかな形に荒挽きする。
 


荒挽きにした材料を乾燥室に入れ水分8%までに火力乾燥する。


十分乾燥戻(もどし)しした材料を外仕上げ、中仕上げの順に木地製品にする。


仕上がった白木地に生漆を数回塗り重ね目のきれいな商品にする。


鉋造りともいう。鉋(かんな)は木地師の付帯技術であり、自分の使いやすいように火造にて作る。


   

木目をいかした和の心。使うほどに味わい深くなります。

ロクロを使った挽物木地の登場と庄川の歴史を探る

丹精をこめ作られる庄川挽物木地の製作行程をご紹介


庄川木工協同組合の紹介
サイトに関するお問い合わせはこちら


 

 このサイトについて / 商品のご購入について / サイトマップ