トップ > 概要


  挽物木地の歴史


人びとの夢に応えて百有余年
庄川は、水と木の町である。川は、町の母であり、木は町の父である。庄川挽物木地の歴史も、川の流れをぬきには語れない。
ここはかつて木材の集積地だった。川の流れにのせて送られてきた原木を利用して、挽き物木地の生産が始まったのは、江戸時代末期。良質で豊富な木、これは木地師に与えられた天の恵みであった。明治に入って、越中の人びとの夢は、蔵を建てることと、報恩講に使うお椀をそろえることだったという。その夢がつい最近まで、百年近くも続いた。そんな人びとの欲求に応えようと、庄川の木地師たちは技を磨いてきたのである。


一人前のロクロを挽くまでに、十年はかかる。かつては、小学校の義務教育を終えると、すぐに修行に入った。年配の職人によれば、たたかれたり、こづかれたりは日常茶飯事でした、となつかしそうに語る。鬼のような師がいて、伝統が守られた。
戦後まもない頃、電気の統制時代があった。それでもロクロを回さねばならない。そこで、木地師たちは発動機を自前で用意し、水車などの動力を利用した。また、今のように車も発達していなかった。重い原木を荷車で運んだ。冬はソリで運んだ。
伝統の技を伝えてきたのは、本当に木の魅力にとりつかれた人びと。江戸末期から代々の技を受け継いできた木地師の系譜が、いまもその中心になっている。いくつもの時代の山や谷を超えて、現在の庄川挽物木地がある。

庄川には、水がある。木がある。そして、木を何よりも愛する人びとがいる。



   

木目をいかした和の心。使うほどに味わい深くなります。

ロクロを使った挽物木地の登場と庄川の歴史を探る

丹精をこめ作られる庄川挽物木地の製作行程をご紹介


庄川木工協同組合の紹介
サイトに関するお問い合わせはこちら


 

 このサイトについて / 商品のご購入について / サイトマップ