トップ > 概要


  挽物木地の魅力


天然の素材、木の質感。
そのやさしあが心に伝わる…
木の表情
挽物木地の素材としては、主にケヤキとトチが使われる。ケヤキは、固くて重量感があり、杢目もおもしろい。また、トチは変形しにくく、漆との相性がいいため、漆製品の木地としても古くから使われてきた。天然の木の魅力は、みなそれぞれ持ち味が違うこと。神代欅など様々な素材が使われるようになりました。
杢目のおもしろさ
庄川挽物木地は、横木で加工する。つまり、道管が器に平行に走るため、年輪が様々な形で表れる。製品を手にとって見てもらえれば、その表情はそれぞれ同じ木とは思えないほど変化に富み異なる。

古いほど、新しい
一般的には、製品は手に入れた時、新しい時が最高である。あとは、輝きがなくなり、古くなるだけ。しかし、木の素材を使った庄川の挽物木地は、使いこむほどに、味わいが増す。環境によって光沢や色調の変化もちがてくる。古いほど、愛着もわいてくる。世界でただひとつの使っている人だけの器である。

塗りと磨き
庄川挽物製品としては、磨きをかけた白木地製品と、拭き漆の塗装をほどこしたものがある。それぞれに魅力があるが、どちらも杢目を生かし、木のあたたかみを大切にしている。
白木地製品は、空気にふれているだけで、時とともに色が変化する。また、漆を拭いた製品は、独特の深い色調が杢目をいきいきとよみがえらせている。

白木地の利用
磨きをかけない白木地は、全国の漆器産地へ送られるが、最近は、愛好家が自分で彫刻や塗装を楽しんで、オリジナルの器づくりをするケースも多い。手作り、天然素材、本物が求められている時代である。


   

木目をいかした和の心。使うほどに味わい深くなります。

ロクロを使った挽物木地の登場と庄川の歴史を探る

丹精をこめ作られる庄川挽物木地の製作行程をご紹介


庄川木工協同組合の紹介
サイトに関するお問い合わせはこちら


 

 このサイトについて / 商品のご購入について / サイトマップ