水橋物語〜歴史と文化〜
郷土石碑巡り

芭蕉の句碑
芭蕉の句碑
水橋大町にある水橋神社境内に、松尾芭蕉の句碑が建てられています。この句は、芭蕉が東北から日本海沿岸を行脚した折に詠んだものとされています。
名横綱梅ヶ谷の墓
名横綱梅ヶ谷の墓
水橋出身の名横綱として知られる梅ヶ谷藤太郎。明治36年に25歳で横綱に昇進し、当時では最年少横綱でした。水橋中町蓮勝寺にお墓があります。
米騒動の碑
米騒動の碑
大正7年に起きた米騒動は水橋が発祥の地。この騒動は、漁民の女房たちが立ちあがった女性一揆としても知られています。水橋郷土史料館の前には米騒動の碑が建てられています。
水橋港の艀場跡
水橋港の艀場跡
江戸時代、幕府から公式の港とされた水橋浦は、北前船による交易で賑わっていました。この輝かしい歴史を後世に伝えようと、北前船の艀場跡に常夜燈が設置されています。
旧常願寺川の渡し場跡
旧常願寺川の渡し場跡
その昔、白岩川では、渡し舟が常時往復していました。この渡し舟で川を渡った旅人の心を詠んだ歌をしたためた記念碑が建っています。
蓮如上人旧跡
蓮如上人旧跡
親鸞の信心と教義を忠実に継承して不動の本願寺教団の基を築き上げた名僧蓮如上人の石碑です。