スティルワイン 非発砲ワインといわれ世界の90%以上がこのワインです。白・ロゼ・赤などはこのスティルワインに属します。
白ワイン ふつう果汁のみを発酵させます。渋味はないほうが良いといわれます。
ロゼワイン 黒ブドウを1〜2日発酵させてから搾汁して再び発酵させたものや 白ワインに赤ワインをブレンドしたものもあります。
赤ワイン 果皮も種子も一緒に発酵させます。
スパークリングワイン 白ワインに補糖して再び発酵させ、その時でる炭酸ガスをワイン中 に封じこめたもの。代表的なものだとシャンパンです。
フォーティファイドワイン スペインのシェリー酒が有名ですが、アルコール強化ワインなどと呼ばれます。
フレーバードワイン スティルワインに、薬草や香草、果汁などで仕上げられたものです。

カベルネ・ソーヴィニヨン

赤ワインの高級品種、フランスのボルドーでの代表的品種。
長く熟成することにより、本領を発揮する品種といえましょう。

カベルネ・フラン フランスのボルドーで二級的品種でしょうが、ロワール地方の中心品種です。
ソーヴィニヨンよりもおとなしい存在でしょう。
ピノ・ノワール 赤ワインの高級品で、フランスのブルゴーニュの代表的品種です。
有名なロマネ・コンティをはじめとしてすばらしいワインが造られます。シャンパンの原料としても使われます。
シラー フランス南部のコート・デュ・ローヌ地方で栽培されている赤ワイン用品種です。
ワインは色素が濃く、タンニンの厚みを感じさせるものとなります。
ガメ ボジョレー地方で使われる赤ワインの代表品種です。早熟で、フレッシュな酸味が特徴でしょう。
日本では新酒(ヌーボー)が人気となりました。
シャルドネ フランスのブルゴーニュ、シャンパーニュ地方で栽培されている白ワイン用品種です。辛口の白ワイン用品種としては人気が高いです。樽熟成により酒質を向上させるのが特徴です。
甲州 日本の代表的な白ワイン品種です。主に山梨で栽培されています。
日本では古い記録のある唯一の品種といえましょう
リースリング ドイツの白ワイン用最高品種といわれています。上品・香り・酸味の高いワインができます。
ボトリチス・シネレア菌による貴腐ブドウの甘口白ワインも作られています。
セミヨン
フランスのボルドー地方のグラーブ、ソーテルヌ地区を中心に栽培されている白ワイン用品種です。
ソーヴィニヨン・ブラン ロワール地方のサンセールや、ボルドー地方のグラーブで多く栽培されている白ワイン用品種です。
青草の香りというような表現をされていまして、フュメ・ブランとも呼ばれているそうです。