特定名称
水以外の原料
精米歩合
その他の要件
吟醸酒

米こうじ
醸造アルコール 60%以下 吟醸造りをしたもので、固有の香味及び色沢が良好なもの。
大吟醸 醸造アルコール 50%以下 吟醸造りをしたもので、固有の香味及び色沢が良好なもの。
純米酒 70%以下 香味及び色沢が良好なもの。
純米吟醸酒 60%以下 吟醸造りをしたもので、固有の香味及び色沢が良好なもの。
純米大吟醸酒 50%以下 吟醸造りをしたもので、固有の香味及び色沢が良好なもの。
特別純米酒 60%以下または特別な製造方法 香味及び色沢が良好なもの。
本醸造酒 醸造アルコール70%以下 香味及び色沢が良好なもの。
特別本醸造酒

醸造アルコール60%以下、特別な製造方法

香味及び色沢が良好なもの。
純米酒
米と米麹のみから造られる。醸造アルコールなどが使われていないため、米の風味が生かされている。 原料米の選定や精米歩合、製造法によって、味が濃厚になったり、まろやかになったり、雑味が多くなったりなど、 他の清酒に比べて酒質の幅が広いことが特徴です
吟醸酒
造りの特徴は、高度精白と低温発酵にある。吟醸酒は、果実のような芳香があり、味は淡麗でなめらか、すっきりとした上品な風味を持っている。また、清酒の最高級品と言われ、杜氏の技術力が問われる酒でもある。純米吟醸酒もあるが、一般的には香が立ち、マイルドな味にするために、若干のアルコールを添加する。
本醸造酒
米と米麹と水により仕込まれ、醪(もろみ)発酵の末期に、醸造アルコールを添加して造った清酒。醸造糖類は使用されない。すっきりとした、味の軽快な、旨口の酒が多い。

 

1.香りの高いタイプ
このタイプは吟醸酒が代表的で、生酒、本醸造酒にも一部該当するものがあります。色調は淡く、果実や花様の上立ち香が高く、軽快で爽やかな味です。香気成分を多く含み、ひね香成分やアミノ酸が少ないのが特徴です。
2.軽快でなめらかなタイプ
このタイプは生酒が代表的です。本醸造酒、純米酒にも該当するものがあります。色調は淡く、上立ち香は控えられていますが、新鮮で軽快な含み香と、なめらかでみずみずしい味が特徴です。香気成分は中程度ですが、リンゴ酸などの有機物を多く含み、アミノ酸、ひね香成分は微少です。
3.コクのあるタイプ
このタイプは純米酒が代表的です。本醸造酒にも該当するものがあります。色調はやや濃く、落ち着いた香りとやや重厚なほどよい苦みを持っています。乳酸等の有機酸を多く含み、ひね香成分のやや高いものがあります。
4.熟成タイプ
このタイプは古酒が代表的です。一部純米酒にも該当するものがあります。色調は濃く、シェリーのような香気を持ち、重厚で、ほど良い苦みと後味の良さが特徴です。ひね香成分、有機酸、アミノ酸を多く含みます。(注)古酒=長期間熟成させたお酒