特産品ご紹介

五箇山の澄んだ水と地場の大豆を使用した昔ながらの五箇山豆腐。縄でしばっても形がくずれない堅さが特長で、刺身、冷奴や田楽が楽しめます。
 水上商店
0763-66-2447
 萬屋とうふ店
0763-66-2406
 岩崎豆腐店
0763-66-2423
0763-66-2234
0763-67-3171


五箇山の冬越しの保存食「赤かぶ漬け」。鮮やかな色と飽きのこない味わいは年代を問わず多くの人に好まれています。
適度な塩味に、甘酸っぱさ加減が程よい、
ご飯にお酒のおつまみにもってこいです。
ご贈答品用桶仕様もあります。同じ工場で作った山菜加工品や、お味噌も、自慢の品です。
TEL 0763-67-3443
FAX 67-3444


合掌みょうがは、農薬を使用していない自然食。
夏場のざるそばや、ひややっこの薬味に欠かせません。
 JAなんと
0763-62-0201


 今からおよそ千二百年前の正倉院宝物で「図書寮解、申宝亀五年諸国未進紙並筆事紙麻等」の文書に「越中国紙四百枚」。 また、平安時代の延喜式巻第二十主計上にも中男作物として一人紙四百枚を納めた国として越中国が記されております。 江戸時代初期には平村下梨の市介が加賀二代藩主前田利長候に中折紙二十束を贈り、その受領書が残っております。
 五箇山和紙は、積雪2メートルに及ぶ気候風土と、これに耐えぬ く素朴強靱な民情から連綿として今日に受け継がれ、昭和六十三年に越中和紙と総称して国の伝統工芸品に指定されました。 一層優雅な風格をもつ生漉楮紙や加工品は全国の有名作家や文人墨客の友として親しまれております。
五箇山和紙
0763-66-2016
平村和紙工芸研究館
0763-66-2223
東中江和紙加工生産組合
0763-66-2420


五箇山和紙の伝統と
 新しい感性の融合
  “紙塑人形”

写真は、五月人形の
金太郎です。

¥1,300円


冬は深い雪に閉ざされる秘境の地にあり、しかも生産量 が少ないことから、幻の銘酒と呼ばれる「三笑楽」は、創業は明治13年。100年以上も前から、小さな蔵での銘酒造りにこだわり、現在は四代目の当主が蔵を守っている。  山廃仕込みで通常の2倍の日数をかけて造ったお酒はやや辛口で、すっきりとしたあと口に特長がある。  村人たちに愛される五箇山の手造りの酒は、しだいに各地の酒通 たちにも愛される酒となり、今年もまた、雪深い静かな山間で育まれている。
0763-66-2010


五箇山に古くから伝わる古謡「こきりこ」
さらや、コキリコ竹など、全国的にも珍しい古い形の打楽器を造っています。 
0763-66-2312
下の写真は“ささら”
こきりこ踊りの講習などのご要望も承ります。 ¥1,000〜12,000