国指定重要無形民俗文化財
熊野神社 稚児舞

熊野神社

熊野神社の秋の大祭。かつてこの地に悪疫が流行し、祭事を復興したところ退散し、豊作にも恵まれたという。稚児舞はこの時の祭事に由来し、今日まで約300年の伝統を誇る拝殿正面に作られた舞台で、4人の稚児が室町風の赤い衣装に身をつつみ、太鼓と笛の囃子で「鉾の舞」「賀古の舞」「林歌の舞」など7種の舞を奉納する。