Nentou.Aisatujjj1

福光商工会  富山県南砺市福光                                 サイトマップ 組織案内 情報 Mai

●年頭のご挨拶
平成19年 福光商工会より
******************************************

あけましておめでとう

11/4日より仕事はじめ!
******************************************


福光商工会長  会長 西村亮彦 
福光工場協会 会長 片山 和行
福光商業会 森田光正

●商工会長
  • 明るい笑顔が行き交う街に

                                                 福光商工会 会長 西村 亮彦
    ---------------------------------------------------------

     新年明けましておめでとうございます、平素は商工会運営に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。地元商店街をはじめ周辺環境は、一向に上向く傾向も見うけられない状況でありますが、皆様と「明るい笑顔がゆき交う街」に出来ればと思います。昨年もねつ送り七夕祭りでは、土用のサンバが大変な熱狂のうち大成功に、キトキト福光きき味トライアルにおいても沢山の方が遠方から来ていただきました。心より感謝を申し上げます。

     商業会では、ポイトシステムを新しい「なんとeカード」に変えて134台の端末機が稼動し、会員の方々に大きなサービスを提供しています。これが南砺市の各商工会を通じ、より多くの皆様にご利用して戴ければと思います、

     今年も難しい課題はいくつもありますが、まず南砺市の7つの商工会の組織再編(合併)があります。富山県内の商工会では、再編に向けて富山市南部地区 大山、大沢野・細入、八尾町、山田、婦中町の5商工会。射水地区 小杉町、大門町、大島町、下村の4地区。富山市北部地区 水橋、和合、呉羽の3地区が合併検討会もしくは合併協議会を立ち上げています。

     今年 福光商工会では、会員の皆様と真剣に本音で進路を決定したいと思いますので宜しくお願い致します。

     新春にあたり、皆様方のご健勝、ご多幸と限りないご繁栄を心より祈念を申し上げ、ご挨拶と致します。



●工場協会
  複雑化する環境に対応を

                               福光工場協会 会長 片山和行
---------------------------------------------------------

明けましておめでとうございます。皆様方におかれましてはよい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。去年1年間、工場協会の活動に関しまして皆様方にご協力、ご支援をいただきましてありがとうございました。本年もよろしくお願い申し上げます。

 去年は、戦後最長の「いざなぎ景気」を越えた年となりましたが、大企業や一部の業種のみがよかったようであり、地方及び中小企業にとりましては、まったく実感の供なわない年であったように思います。そんな中、何にか企業間競争が毎年厳しさを増しているように思われ、それも世界的規模であります。たとえば去年話題となったM&A(企業の合併・買収)により、企業の再編淘汰がいよいよ進んでいるように思います。

 又、国内では、2005年より人口が減少しはじめました。市場規模が小さくなっていき企業間競争がますます激しくなっていくものと思われます。世界、国内ともに再編淘汰の進む年となっていきそうです。

 加えまして、2007年問題と言われている団塊世代の定年退職が始まります。これに伴い技術の伝承が問題となっております。競争の激化と働く人々の意識の変化により、雇用、労働形態も多種多様となってきております。

 このように、中小企業を取り巻く環境は、競争激化の中での生き残りという課題が年々複雑化していくように思えます。工場協会では、このような時代を勉強の機会を設けて、お互いがこの複雑化していく時代を乗り切っていきたいと思います。

 会員各位のご企業が本年もご発展されますことをお祈りし年賀のご挨拶とさせていただきます。

●商業会

  お蔭様で会員9000人に

                          協同組合 福光商業会 理事長 森田光正

---------------------------------------------------------

あけましておめでとうございます。

日頃は商業会のため、温かいご理解とご協力を賜り、心より感謝を申し上げます。

 わが福光商業会にとりましては、南砺市、商工会、且O井住友カード、叶ホ川コンピュータ・センターの皆様方にご支援を賜り、昨年9月に念願の新カードシステム「なんとeカード」をスタートさせることができました。

お蔭様でカード会員も9,000人となり、増え続けています。また、福野地区にも4台端末機を設置し140台が稼動しています。

「たまる!使える!便利!」のキャッチフレーズで名実ともに「なんとeカード」が南砺市一体化の一翼を担い市民の皆様に愛されるカードとして少しでも中心市街地の活性化に寄与できるよう役職員一同なお一層努力いたします。

今後とも「なんとeカード」にご支援ご鞭撻ご理解をお願い申し上げます。


   

Copyright © 2006 Syoukoukai All rights reserved