食べる文化財 糸巻御所落雁

【商品名】
糸巻御所落雁
【原材料】
和三盆(徳島県)、落雁粉、米飴、えんどう粉、グラニュー糖
【内容量】
1枚13g (10枚入~)
【賞味期限】
2ヶ月
【保存方法】
直射日光・湿気を避け保存
日本を代表する和菓子の歴史

越中の和菓子「糸巻御所落雁」は、いら粉(落雁粉・和三盆を使用する日本でも代表的な干菓子落雁の一つです。 明応年間(1490年代)当時の本願寺八世蓮如上人の北国下りの折、 上人に随従して来た山城の国(現京都府)の坂口と名乗る者が当地井波に居を占め、 瑞泉寺(1393年8月建立)に落雁を造り仕えたのが始まりと伝えられ、 その頃の落雁は方寸の角形に黒白の胡麻を散らした典雅なもののようでした。 以来、戦乱の世には一向門徒の糒(兵糧)として、 徳川の世にはお茶席や疱瘡見舞い等幅広く人々の生活の中に賞味されるようになりました。

食べる文化財

糸巻きの形は、宝暦年間(1750~60年代)の二度に渡る大火を始め、 幾度かの火災に遇い拝領の糸巻形封章のみを残すだけとなったため、 この糸型を登録として明治の世に木型が造られ今日に至っています。 食べる文化財とも云える糸巻落雁は淡紅白に配し和三盆の香りも深く風雅にして風味も美しく、 加えて適度な温度の中での保存に耐え、喫茶にお茶席にご進物に又お土産として高評を賜っています。




【製造者】
河内屋菓子舗
【創業】
江戸後期
【住所】
富山県南砺市本町1-34
【TEL】
0763-82-0402



製造・取扱店情報

店舗名河内屋
住所〒932-0217 富山県南砺市本町1-34[ 地図 ]
TEL0763-82-0402
営業時間8:00~19:00
定休日なし
HPhttp://www.shokokai.or.jp/16/164061S0071/index.htm
スタッフよりお茶席やご進物品として好評をいただいております。

糸巻御所落雁 販売取扱店

よいとこ井波 よいとこ井波
富山県南砺市井波3110-1
創遊館 木彫りの里 創遊館
富山県南砺市北川730

トップページ >> 和菓子・スイーツ >> 和菓子 >> 糸巻御所落雁
サイトメニュー
トップページ
お問い合わせ
南砺のいいモノ
民芸品
 └民芸品
南砺のうまいモノ
和菓子・スイーツ
 └米菓
 └和菓子
 └洋菓子
農産・水産加工品
 └漬物・かぶら寿し
 └調味料
 └食品
 └
お土産事業所リンク
シバタシシュウ工芸
木雕り西村
ZUISENSE
じょうはな織館
松井機業場
こきりこ民芸
丸米製菓
御菓蔵
日の出屋製菓
森まつ菓子舗
河内屋菓子舗
武田甘泉堂
よしむら
まちづくり井波
田村萬盛堂
御菓子処 井波屋
江端商店
 
ヨネダ
三和食品
丸東食品
なんと農業協同組合
佐波かばやき店
花島精肉本店
なかしま
となみ野自然食品組合
城端醤油
喜平食品
ねこのくら工房
五箇山旬菜工房いわな
富山県西部森林組合 利賀支所
石黒種麹店
成政酒造
若駒酒造場
城端麦酒
 
富山県南砺市とは?
南砺市
南砺市商工会
南砺市のがんばる企業
南砺市企業ガイド
南砺市観光協会
南砺市宿ナビ
なんと-e.com
ふるさとミュージアム